投資信託の種類

投資信託〜勝利の法則〜

投資信託の種類

投資信託の種類はさまざまです。その分類を知ることによって、投資信託の特徴がわかります。

投資信託はどんな資産で運用するかによって ・株式投資信託 ・公社債投資信託 に分けられます。 その名の通り、株式を中心に運用される投資信託が ・株式投資信託 債券を中心に運用される投資信託が ・公社債投資信託 と言われるものです。 ではそれぞれ投資信託の種類をわかりやすく紹介していきます。

株式投資信託とは 株式投資信託や株式ファンドとも呼ばれ、株式に投資可能な全ての投資信託を言います。実際に株式を一切組み込まず、債券のみで運用を行っているものでもわずかでも株式に投資することが可能と定めてあれば、株式投資信託に該当します。一般に株式投資には【国内株式(日本株)】に投資するファンド、【国際株式(海外株)】に投資するファンド、国内債券に投資するファンド、【国際債券】に投資するファンドなど非常に多くの種類があります。また、追加設定の有無で、「オープン株式投信」と「スポット株式投信」の2つに分けられます。

公社債投資信託とは 正式には「長期公社債投資信託」といい、安全性の高い公社債の(国債・政府保証債・地方債・金融債・事業債等)を中心に運用する追加型公社債投資信託です。本商品は株式は一切組み入れず、安全性の高い公社債を中心に運用することで、安定した収益確保を目指しています。