投資信託とは

投資信託〜勝利の法則〜

投資信託とは

投資信託とは 少ない投資金額でも効率的な資金運用が出来るように作られた商品です。個人で色々な金融商品を買おうと思っても持っている資金が少なければ買うことが出来ません。そこで、1人1人が出す金額が少なくても、多くの人からお金を集めて大きな資金を作り、色々な金融商品を書い、そこから得られた利息や売却益などを購入金額の割合によって分けましょうというのが、投資信託です。

「投資信託(ファンド)」と一言で言えば、「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。」集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られる事もあれば、運用がうなくいかず投資した額を下回って損をすることもあります。投資しなうの運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。