投資信託購入までの流れ

投資信託〜勝利の法則〜

投資信託購入までの流れ

投資信託の購入までの流れを紹介していきます。

店頭で購入される方の投資信託購入までの流れ お店に来店し、目論見書の受け取り、請求。目録見書の確認、お店に再度行き買い付けという流れがほとんどです。しかし、営業マンなどを人を通じて購入する場合手数料を取られる可能性があるので、できるだけインターネットからの申し込みや電話での申し込みがオススメです。

口座開設と購入の申し込みをします。 証券会社や銀行などの金融機関の本・視点で口座開設をします。販売会社によっては電話やインターネットからも申し込めるようになっているので確認してから口座開設を行いましょう。 購入代金の支払い。 口座開設を完了したら、購入代金を支払います。 取引報告書の受け取り 口座開設をして現金を支払うと、取引報告書というものを受け取ります。入金確認後2,3日後に交付されるので大切に持っておきましょう。 取引残高報告書の受け取り 取引の明細、預かり残高などについてのお知らせが定期的に届きます。 ファンドの決算日 原則として1年に1〜2回「運用報告書」が交付されます。 分配金の受け取り 分配金についてのお知らせあるいは、分配金再投資についてのお知らせが交付されます。 分配金は原則として決算日より5営業日目までに支払いが開始されます。 換金の申し込み 換金の場合、電話などで取引している販売会社へ連絡します。 代金の受け取り 換金の申し込み日から原則として4営業日以降に支払われます。 ファンドの償還 償還日になると、「償還金のお知らせ」が交付されます。 代金の受け取り 償還日より原則として5営業日目までに支払いが開始されます。 償還報告書が交付されます。

以上が投資信託の購入までの流れになります。