投資信託を購入する際のチェックポイント

投資信託〜勝利の法則〜

投資信託を購入する際のチェックポイント

投資しタンクを購入する際のチェックポイントや注意点を紹介していきます。

一般的に金融良品は安全性、流動性、収益性という要素を備えています。すべての要素が優れている金融商品はなく、例えば収益性の高い商品は安全性が低く設定されていたり、逆に安全性が高い商品は流動性や収益性が低かったりします。

金融商品を購入する際のチェックポイント・注意点は3つの基準をポイントにしてください。

安全性→預けたお金が減ったり、予想外の損をする可能性はないのかどうか 流動性→必要なときに、すぐに換金することが可能なのか 収益性→大体どれくらいの収益が見込めるのか 投資信託をはじめとるす金融商品を選ぶ際にはこの3つの基準ポイントが大雪になってきます。これらの特性を見極めた上で目的に応じて組み合わせていきましょう。

投資信託を購入する際のチェックポイントと注意点その1 運用資金を整理する。投資しようとしているお金はいつ使うことを想定しているのか、すぐにでも使う可能性のお金なのか、それとも長期的にまた将来的に必要となるお金なのか何の為に投資をするのかどの程度のリスクがあるのかを整理するとしっかりと将来を見据えることが出来ます。

投資信託を購入する際のチェックポイントと注意点その2 目論見書はしっかりと把握すること。すぐに使う可能性のある資金であれば流動性のある金融商品を選びましょう。投資信託の場合即日換金出来るものも有りますが、通常は代金の受け取りまで4、5営業日かかります。一定期間換金ができないクローズド期間といった制約付きの商品もあるので、必ずチェックが必要です。

投資信託を購入する際のチェックポイントと注意点その3 安全性と収益性のバランスを考えましょう。投資信託は公社債中心に運用するものもあれば、積極的に運用するものまでさまざまな種類があります。どのように資産に対して投資を行い安全性と収益性のバランスを取るか。目論見書や運用報告書などを確認しましょう。